ルールドラフト
A:勝敗
1: 奇数人のジャッジが各ラウンドの勝敗を決定する。
2:ジャッジは、一般常識を持った一市民としての知識を用い、より合理的で論理的で説得力のあるチームに投票する。
3:ジャッジは、判定に関して他の人と協議を行うことはできない。

B:サイド
1:ディベートにおいては、選手は肯定側と否定側に分かれる。
2:肯定側は与えられた論題を支持する立場をとる。
3:否定側は与えられた論題を反対する立場をとる。
4:それぞれのチームは与えられた立場で論題について議論をすることとする。

C:試合形式・フォーマット
1:論題が発表されてからの準備時間は20分とする。
2:試合のフォーマットは以下のものを用いる。
 ① 肯定側第一立論:5分
 ② 否定側質疑:2分
 ③ 否定側第一立論:5分
 ④ 肯定側質疑:2分
 ⑤ 肯定側第二立論:5分
 ⑥ 否定側第二立論:5分
 ⑦ 否定側最終弁論 :3分
 ⑧ 肯定側最終弁論 :3分
※スピーチについては若干の延長も認められるが、原則として15秒以上本来のスピーチ時間を超過した内容については勝敗に反映されないものとする。

3:ラウンドの最後の2つのスピーチは、新しい議論を提出することができない。
4:一チームは2~3名で構成される。2名の場合は第一立論と第二立論を同一人物がスピーチすることはできない。
5:スピーチは日本語でスピーチをすることとし、証拠資料の引用は認められない。

D:定義
1:肯定側が論題の用語について定義する責任をもつ。
2:否定側は肯定側が定義した論題が不当な定義と判断した場合、定義について議論をすることが可能である。ただし、その場合は否定側が再定義をする責任がある。
3:肯定側の定義について野党側から議論がない場合、用語の定義は肯定側の定義を否定側は認めたとジャッジは判断し、またジャッジはその定義を試合中は採用することとする。

E:質疑
1:質疑は限られた時間の中で立論の議論の前提等を確認することを目的とし、立論者に対して一問一答の形で、質問をすることが可能です。
2:質問をする選手は質疑をするサイドの全てのメンバーに質疑をする権利があります。
3:応答する選手は立論者一名です。
4:質疑応答は質問をする側に優先権があります。応答者の回答が長い場合、応答を打ち切る。また、次の質問の質問に移ることが可能です。

F:オンラインでの試合規定
1:ニックネームについて
以下の規程に沿って、選手、ジャッジの方は大会当日は名前を変更してください。
【選手】
 [(チームNo)]ユーザ名 ※チームNoは別途大会運営側で指示します。
(例:[1]田中太郎)
【ジャッジ】
 [J]ユーザ名
(例:[J]山田花子)

2:試合について
試合中、POIが存在するパートを除き、スピーチをしない選手はミュートをしてください。

3:ビデオ
必ずしもonにしなくて構いません。
通信状況が悪くなる場合には、ビデオをoffにしてください。

4:通信の不具合について
試合中音声による不具合が発生した場合には、その旨をテキストチャットもしくはボイスチャットで申告してください。その後、ジャッジもタイマーを停止します。
その後、通信復旧の処置をとります。
通信が復旧した場合は、タイマーを再開して試合を続行します。
5分程度復旧の処置を実施し、音声が回復しない場合には、スピーカーを交代して試合を続行します。
頻繁に不具合が発生するなど、ジャッジが試合続行が不可能と判断する場合には、スピーカーの交代を選手に指示することができます。